鏡屋 創業
お問い合わせ
人生儀礼



伝えたい
妊娠5ヶ月目の戌(いぬ)の日に、子宝に恵まれたことを神様に感謝して、帯祝い(着帯の祝い)をします。
「5」は縁起が良い数であり、胎児が安定する時期とされています。
戌の日が選ばれるのは、安産の象徴である犬にあやかるためといわれ、妊婦は赤ちゃんが岩のように丈夫に育ちますようにとの意味の込められた「岩田帯(いわたおび)」をしめます。腹帯は、神様から大切な子宝を授かったことに感謝し、神社にて安産を祈願して戴くものです。「帯祝」「着帯祝い」とも言われ、人生儀礼の第一歩とされています。
「古事記」によれば、千八百年くらい前、神功皇后が朝鮮半島に出征した折、お腹に応神天皇を身ごもっていましたが、帯を巻き、帰ってより安産であったことが記されており、これが起源とされています。









鏡屋 呉服町 鏡屋
TEL.0776-23-2809
福井県福井市順化2丁目16-10
営業時間:09:30〜18:00 / 1~9月は毎週木曜定休、10~12月は無休

COPYRIGHT(C) 2013 KAGAMIYA ALL RIGHTS RESERVED.
お問い合わせ