鏡屋 創業
お問い合わせ
人生儀礼



厄除
数え年で、男性は25・42・61歳、女性は19・33・37歳が大厄(たいやく)、「本厄」とされ、この前後を前厄・後厄と言って3年間慎むものとされています。特に男性の42歳と女性の33歳は万事を慎むべき大厄(たいやく)とも言われており、42歳をシニ、33歳をサンザンなどとも呼ばれるように、この年齢が肉体的にも精神的にも大きく変化するので人生の折り目に、神さまのお力によって厄を取り除く儀式を行うものと考えられます。
また、男性の42歳と61歳は社会における重要な年回りとされ、神事において大切な立場にあたりました。そのため、厄年の「やく」は、神祭りを行う神役の「役」のことであるとも言われます。その役を行うにあたって神様に失礼のないように、飲食や行為を慎み身心を清浄にするために、ご祈祷を受けたのが始まりであると考えられます。









鏡屋 呉服町 鏡屋
TEL.0776-23-2809
福井県福井市順化2丁目16-10
営業時間:09:30〜18:00 / 1~9月は毎週木曜定休、10~12月は無休

COPYRIGHT(C) 2013 KAGAMIYA ALL RIGHTS RESERVED.
お問い合わせ